このページを
つぶやく
このページを
LINEする
このページを
Facebookでシェアする
このページの
リンクをコピー
サークルメンバーのプライベート図鑑
お部屋や好きなもの、みんなのプライベートを覗き見!

編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!

編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!

カナメ/芸術学部1年

学生編集部の好きなところ:まだ入れていません…
趣味:写真を撮る、本を読む、音楽を聴く、博物館美術館動物園水族館へ行く
特技:ルービックキューブを全面揃えられる、イントロドン
学内の出没スポット:地下1階、図書館(あまり登校できていませんが好きなところです)
Q1. サークルの思い出の写真
編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!
みんなで写真撮ればよかった…唯一全員集合できたランチミーティング!
まだサークルに所属できていないので、CG学生編集部の活動の写真を。11月ごろ、ようやく顔合わせができた時に食べたカレーです。ベジタブルカレーとキーマカレー、ナンの下にはご飯と目玉焼きもついていました。おまけにナンはおかわり自由!大ボリュームで美味しかったです。企画やお互いのことなど、たくさん話もできました。
Q2. 冷蔵庫に常備している大好きなもの
編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!
炭酸と酸味でリフレッシュ!なアレと元気ハツラツ!なアレ
テストや学校行事などイベントごとを頑張るために、また終わった後のごほうびとして、ここぞという時に飲みます。瓶入りの飲み物の特別感が好きです。美味しく感じる気がします。冷蔵庫から一本出したら新しいものを補充しておかないと怒られます…
Q3. 一番好きな本
編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!
『令夢の世界はトリップする』はやみねかおる
今まで読んできた素晴らしい本達の中から一番なんて決められない…と悩みましたが、私が小説を読むきっかけとなった、はやみねかおるさんの最新作を紹介します。はやみね作品の主要キャラがシリーズの垣根を超えて登場します。今まで個々の点だったシリーズの繋がりが見えてきて、ファンとしてはドキドキワクワクが止まらない一冊です。はやみね作品初めてだよーという方も、この本で気になったシリーズを読んでまたこの本に戻ってくる、なんて楽しみ方もできるのでオススメです!
Q4. 過去の栄光写真
編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!
文化部の下克上?友人と一緒に「どやっ!」な瞬間!
高校の卒業式前日の写真です。部活3つと学校行事や勉強を両立させる、ギッチギチに詰まった生活を送っていました。頑張ったおかげか各所で表彰してもらうことができ、友人とはしゃいで撮りました。中高とずっと文化部で、運動部に入らないなんて甘えだ、とか悲しいことを言われたことがあったので、見返してやったぜ!みたいなすごいドヤ顔で写っていますね…
Q5. 真夜中、好きな人の前で豹変する自分を動物に例えるとどんな動物?
編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!
ちょっと怖そうだけどそんなつもりはさらさらないハシビロコウ
虎視淡々と相手の隙を狙ってハンティングするところではなく(笑)、普段は愛嬌をふりまいているイメージがないけれど、信頼している人には甘えているところとか似ているかも…?他人に向けての感情表現得意じゃないんです。
Q6. 寝るときの姿
編集部メンバーはこんな人!CG学生編集部カナメのプライベートを紹介!
もこもこ素材であったかい!いい夢みられそうなパジャマ
何の変哲もないパジャマです。もこもこ素材なのでうっかり布団をはいでしまっても寒くない!足を写すためにやたらとアクロバティックだし、天パの片鱗が見えているしで謎な感じの写真になってしまいました。濡れているからいいものの、この髪の毛、乾くと2倍くらいに広がります。天然パーマ、恐るべし。

エディターズ コメント

ちょっと恥ずかしいかな…と思いつつ腹を括ってたくさん書きました。学生編集部の1人はこんな感じの人です。これを機に、取材希望の方や編集部に興味を持ってくれる方が出てきてくださったらこれ幸い!Twitterなどでお気軽にお問い合わせくださいね。待ってまーす!天パを生かした髪型がしたいけれど上手くいかずにアイロンで殺してしまっているのが悩みです(唐突)。(カナメ)

おすすめサークル

site_open ... 1
学生編集部に応募する
参加している大学の一覧を見てみる

CAMPUS GRAFFITI とは

学生発信!大学生のリアル!
このサイトは全国の大学生が「自分の大学のリアル」をポジティブに発信するWEBメディアです。大学生のキャンパスライフがちょっぴり楽しくなるように、学生編集部が日々活動をしています。大学生はもちろん、OBOGや大学・保護者の方が見ても、不快な思いをするような情報は発信しません。
東京グラフィティ
Supported by TOKYO GRAFFITI
『東京グラフィティ』は2004年9月に創刊したカルチャー誌です。日本のリアルを発信し続けてきた編集部が、各大学の大学生とコラボレーションし、企画立案・取材撮影をサポートしています。
chk