このページを
ポストする
このページを
LINEする
このページを
Facebookでシェアする
このページの
リンクをコピー

日本大学

学生編集部がリアルを発信!

大学生が運営するウェブマガジン

参加サークル
個性豊かな日大のサークル・団体を紹介!

日芸 徒歩旅行部

(旅行)
日芸 徒歩旅行部
部員数:43名(5月21日現在)
活動場所:大学内教室、大学外
活動日:毎週金曜日5限
溜まり場:特になし
活動費:半期2500円(年度により変動の可能性)
ガチ度:★★★☆☆
カップル度:★★★☆☆
楽しさ:★★★★★

他のサークルにはないかもしれない、サークルならではのいいところは?

日芸は八つの強い個性を持った学科が集まっており、徒歩旅行部にはすべての学科の学生が在籍しています。縦横のつながりを得るには絶好の場所となっています!
日芸 徒歩旅行部

普段はどんな活動をしていますか?

活動は大きく分けて二種類があります。毎週金曜日に行う定例部会と不定期日曜などに行う大学外での活動です。定例部会は大学の教室を借りて行う対面部会と、夜zoomにて集まるオンライン部会を隔週で行っております。

定例部会では秋の芸祭(芸術学部の学園祭)に向けての準備や、次の学外での活動の相談などを行い、親睦を深めるリクリエーションを行います。
大学外での活動は多岐に渡り、毎年決まった活動は山手線一周や高尾山登山などがあります。そのほか、毎月部員の思いつきでお祭りに参加したり、希望者でテーマパークに行く等かなり自由度が高い活動を行っています。

写真は高尾山での一枚。
日芸 徒歩旅行部

体力に自信がないけど、ついていける?

ご心配なく!徒歩旅行部は運動部連盟といういわゆる運動部に属しているので体力使うイメージもありますが、体力に自信がある人から全く自信がない人(笑)まで楽しめます。まったく歩かないイベントもあります。確かに長距離歩くイベントもありますが、各人の体力に応じて途中参加できる仕組みになっており、実際多くの部員が自分の体力にあった活動をしています。
日芸 徒歩旅行部

コロナ禍でも活動できてる?

現在新型コロナウイルス感染対策により大学側からの活動制限が常に変化しています。ですが、徒歩旅行部の性質上、接触を伴うスポーツではないので比較的活動制限を受けることは少ないです。本年度はすでに三回対面で活動を実施しております。夏から秋以降はさらに規制が緩むことを期待しており、状況が許せば合宿も実現したいと思います。

ちなみに去年は厳しい規制の中でも芸祭でグルメ雑誌の販売、クッキー販売等の活動を行いました。
グルメ雑誌は地域の飲食店を取材し、クーポンの提供などコロナ禍で利用者が減る学生街の飲食店と協力関係を築きました。
日芸 徒歩旅行部

代表からのメッセージ

主将の写真学科3年、松本祐典です。
ここまで徒歩旅行部についての紹介をお読みくださり、ありがとうございました。
徒歩旅行部は日芸有数の自由度の高い部活です。各学科の学生はその道の専門家。部内で複数の学科が力を合わせて創作活動に挑むことも多々あります。表現したいことがある人、実現したい夢がある人、そしてもちろん歩きのが好きな人!

みなさんの入部をお待ちしております^^

(入部・ご質問等はTwitter/instaDMや質問箱で随時受け付けております。)
LINKS

大学祭 概要

「日芸祭2023」
2023年度テーマ 「Masquerade」
( UPDATE: 2022-05-25 )

メンバー紹介

おすすめサークル

タグから探す

学生編集部に応募する
日大の参加サークル一覧を見てみる
参加している大学の一覧を見てみる

CAMPUS GRAFFITI とは

学生発信!大学生のリアル!
このサイトは全国の大学生が「自分の大学のリアル」をポジティブに発信するWEBメディアです。大学生のキャンパスライフがちょっぴり楽しくなるように、学生編集部が日々活動をしています。大学生はもちろん、OBOGや大学・保護者の方が見ても、不快な思いをするような情報は発信しません。
東京グラフィティ #176
Supported by TOKYO GRAFFITI
『東京グラフィティ』は2004年9月に創刊したカルチャー誌です。日本のリアルを発信し続けてきた編集部が、各大学の大学生とコラボレーションし、企画立案・取材撮影をサポートしています。