このページを
ポストする
このページを
LINEする
このページを
Facebookでシェアする
このページの
リンクをコピー

駒澤大学

学生編集部がリアルを発信!

大学生が運営するウェブマガジン

参加サークル
個性豊かな駒澤のサークル・団体を紹介!

駒澤大学 サッカー同好会

(サッカー)
駒澤大学 サッカー同好会

駒澤大学 サッカー同好会ってどんな団体?

【サッカーと遊びの切り替えは1番!】

駒澤大学サッカー同好会(駒同)は、駒澤大学の公認サッカーサークルです!
活動日は週二回(水・金)で、主に駒沢公園のサッカーグランドを借りて、学年の壁を越えてサッカーを楽しんでいます〜!
サッカー以外のところでも、プレーヤーやマネージャー関係なくご飯に行ったりしていて、和気あいあいとした雰囲気のサークル!
部員数:100人(男女比7:3)
活動場所:駒沢公園第二、補助球技場
活動日:水・金
溜まり場:学食
ガチ度:★★★★☆
カップル度:★★☆☆☆
楽しさ:★★★★★

他のサークルにはないかもしれない、サークルならではのいいところは?

サークルサッカーのイメージを変えるほどに、みんなが真剣にサッカーをやっていることです。普段の遊びや飲み会はとことんふざけているが、サッカーになると熱く取り組む。そのギャップをどこよりも大事にしているサークルです。
駒澤大学 サッカー同好会

普段はどんな活動をしていますか?

普段の活動は、プレーヤーは基本的にサッカーだけしてます。ゲーム形式の練習がほとんどで、罰ゲームをつけていつも盛り上がっています。
マネージャーは、プレーヤーのサポートを、してくれていたり、女子トークで盛り上がっていたり、バレーボールやバドミントンで遊んでいたりしてます(笑)。
駒澤大学 サッカー同好会

代表からのメッセージ

大学でもう一度本気でサッカーに取り組みたい人、マネージャーとしてイケメンプレーヤーのサポートをしたい人、お待ちしております。一緒に楽しみましょう!
LINKS

エディター

彩夏

彩夏

( UPDATE: 2022-02-25 )

メンバー紹介

おすすめサークル

タグから探す

学生編集部に応募する
駒澤の参加サークル一覧を見てみる
参加している大学の一覧を見てみる

CAMPUS GRAFFITI とは

学生発信!大学生のリアル!
このサイトは全国の大学生が「自分の大学のリアル」をポジティブに発信するWEBメディアです。大学生のキャンパスライフがちょっぴり楽しくなるように、学生編集部が日々活動をしています。大学生はもちろん、OBOGや大学・保護者の方が見ても、不快な思いをするような情報は発信しません。
東京グラフィティ #176
Supported by TOKYO GRAFFITI
『東京グラフィティ』は2004年9月に創刊したカルチャー誌です。日本のリアルを発信し続けてきた編集部が、各大学の大学生とコラボレーションし、企画立案・取材撮影をサポートしています。